本物研だより

佐野浩一の夢つづり

新着一覧

佐野浩一の夢つづり20150323

心に余裕を持てないくらい、猛ダッシュを繰り返す日々。「忙しい、忙しい…」が口ぐせになってしまっている方もいらっしゃることでしょう。でも、それではいつか心が固まってしまいます。そんなとき、一歩譲ってお先にどうぞ…。ときには歩調を緩めて、周囲と合わせる…。こんな気

続きを読む

佐野浩一の夢つづり20150316

観賞に値するものを、歩きながら観ることはないでしょう。歩きながらでは、細部を観ることもできなければ、味わうこともできません。研究したり、検証したりするのも、歩きながらする人はいないでしょう。仕事もまったく同じだと思います。まずは、仕事の対象をじっくり見つめるこ

続きを読む

佐野浩一の夢つづり20150309

メモをとる。生涯、舩井幸雄がもっとも大事なことの一つとして伝え続けてきたことです。教訓と言ってもよいでしょう。人はすぐに傲慢になってしまいます。知らず知らずに忍び寄る悪癖とも言えます。なんでも知った気になっています、知らぬ間に…。それを感知する方法をお教えしま

続きを読む

佐野浩一の夢つづり20150302

イチロー選手のマーリンズ入団記者会見の内容から、やっぱりこの人すごい!と感じたところはこのくだりでした。「新しい場所に行って新しいユニホームを着てプレーすることに決まりましたが、これからも応援よろしくお願いします。とは、僕は絶対に言いません、応援していただける

続きを読む

佐野浩一の夢つづり20150223

コミュニケーションの深化は、2つの相反する流れで起きるようです。一つは、共感の連鎖。相手の共感と自身の共感が積み重なっていくごとに、相手の理解が進みます。もう一つは、ぶつかりの連鎖。実は、これはないと思い込んでいました。しかし、明らかに、ぶつかる度ごとに相手が

続きを読む

佐野浩一の夢つづり20150216

ホスピタリティーという言葉や考え方が定着する時代となりました。私は、その「ホスピタリティー」を「ひと手間」と訳しました。お客さまに対して心からのサービスをご提供するためには、まず面倒でもひと手間かけること。それで、ホスピタリティーのスイッチがオンになると考えま

続きを読む

佐野浩一の夢つづり20150209

考える人になろう。感じる人になろう。読める人になろう。受け取れる人になろう。誰かの発する言葉や思いに対して…。ある言葉が発せられる背景には、その言葉が不用意なものでない限り、必ず意図や意味があります。だから、理解したいですよね。物事には、見えないところで、必ず

続きを読む

佐野浩一の夢つづり20150202

いまを生きよう!いまを充実させよう!いまを大事にしよう!いまを感じよう!いましかできないことをしよう!そう……、とにかく“いま”を意識しよう!流されないで、じっくりと自身の足で歩もう!いま、自分にできることで貢献しよう!みんながこんな気持ちで仕事に当たることが

続きを読む

佐野浩一の夢つづり20150126

前回、仕事において大事なことは、やる気とかける時間だとお伝えしました。今回は、もう一つ加えたいと思います。それは、方法論。「他の方法がないか?」「まったく違ったアプローチができないか?」と考えるだけでも、自身のやる気を自ずと高めることにつながります。さらには、

続きを読む

佐野浩一の夢つづり20150119

仕事において大事なのは、ヤル気とかける時間だと思います。ヤル気は、仕事に取り掛かる基礎の部分。これがないと、ただの時間つぶしになってしまいます。丁寧で配慮ある、成果を求めた仕事ぶりにはほど遠くなります。もちろん、自分のためにも、お客様のためにもなりません。次に

続きを読む

  • 特集
  • お知らせ

↑ページのTOPへ

株式会社本物研究所

株式会社本物研究所

:東京オフィス
〒108-0014
東京都港区芝4-5-10
ユニゾ芝四丁目ビル8F

(代表)
TEL : 03-3457-1271
FAX : 03-3457-1272

:本社
〒413-0034
静岡県熱海市西山町19-6