本物研だより

佐野浩一の夢つづり

新着一覧

佐野浩一の夢つづり20141013

誰かのためにがんばる。誰かのために行動する。誰かを想って、想像力を駆使する。誰かを想って、目の前のことに向き合う。誰かを想って、密やかに支える。人は本来、一人では幸せになれない・・・のだそうです。だから、人は誰かのために行動を起こせるのだと思うのです。だから、

続きを読む

佐野浩一の夢つづり20141006

物事の本質。この言葉の「本質」をどこまでグリップできるかも、なかなかむずかしいものがあります。本質とは、その対象そのものの、あるいは対象に向ける意味、思い、意義、目的、意図、背景、歴史、経緯、原点、もっとも小さな単位にした状態などという観点から考えるとわかる気

続きを読む

佐野浩一の夢つづり20140929

「仕事を趣味にする。」他界した舩井幸雄が、よく言った言葉です。人それぞれ仕事観は異なります。「仕事が趣味なんて!」って感じる人。「なるほど、その通りだなあ」って思える人。人それぞれです。しかし、ひとつだけ言えることがあります。それは、いやいややるより、ワクワク

続きを読む

佐野浩一の夢つづり20140922

伝える術を必死に考える。これ、とても大事なことです。少なくとも、自分とは異なる個性に何かを伝えるのが私たちの仕事ですから、独りよがりになってはいけません。自分にしか理解できない伝えかたと理解は、決して人を動かすことはありません。伝え方を練る。これが、すべてです

続きを読む

佐野浩一の夢つづり20140915

「今日は何をしますか?」「今日はだれに会いますか?」「今日は、だれと、どのような仕事をしますか?」「今日は、なにをどのように改善しますか?」「今日は、なにをどのように仕上げますか?」「今日は、どんな話をしますか?」「今日あげたい成果はなんですか?」「今日の一日

続きを読む

佐野浩一の夢つづり20140908

またまた、「こうして思考は現実になる」(バム・グラウト著、サンマーク出版刊)からです。「願いをかなえることは簡単にはできないと思い込んでいるので、努力を続けながらずっと待っている。でも、量子の世界では、物事は段階を踏んで出現しない。瞬時に出現する。何かを意識し

続きを読む

佐野浩一の夢つづり20140901

「こうして思考は現実になる」(バム・グラウト著、サンマーク出版刊)っていう本に、こんなことが書いてありました。「世界を変えるには、自分の期待や思い込みを変えるだけでいい。『いま目に見えるもの』ではなく、『これから見たいもの』に意識を集中しなければならない。」意

続きを読む

佐野浩一の夢つづり20140825

夢の実現は、ほかを壊したり、乱すものであってはいけないなって、最近思います。それは、個人レベルであっても、人類レベルであっても同じこと。夢の実現が、まわりの人やもの、自然や環境も幸せにするものであれば素敵ですよね。自然も、動物も、植物も、人間も、自分も、仲間も

続きを読む

佐野浩一の夢つづり20140818

先日、科学者の増川いづみ先生のご講演を聴き、すごく感じたことがありました。先生は、お腹の中からたくさんのプラスチックが出てきたクジラの写真を見せてくださいました。ブラスチックは消化されない・・・。自然に帰らないものをたくさん生み出してきたぼくたちの歴史。自然の

続きを読む

佐野浩一の夢つづり20140811

ついてる人や、高め合える人に、人は集まります。舩井幸雄会長は、よくおっしゃいました。ウソはついてはいけないけれど、ホラはよいと…。ホラを吹いたり、夢を語る人には、人は集まると…。ただし、そういう人にもたれ掛かってはいけません。あくまで、互いに高め合えることが大

続きを読む

  • 特集
  • お知らせ

↑ページのTOPへ

株式会社本物研究所

株式会社本物研究所

:東京オフィス
〒108-0014
東京都港区芝4-5-10
ユニゾ芝四丁目ビル8F

(代表)
TEL : 03-3457-1271
FAX : 03-3457-1272

:本社
〒413-0034
静岡県熱海市西山町19-6