本物研だより

佐野浩一の夢つづり

佐野浩一の夢つづり20200203

SDGsが2015年に国連加盟国の間で合意されて以来、日本においても政府、自治体、企業、市民社会、教育・研究機関などのさまざまな主体や場で、取り組みが広がっています。
大事な点の1つ目は、2015年までの達成を目指したミレニアム開発目標(MDGs:2001-2015)の時代と比較して、世界が直面する問題や課題が大きく変化していることを理解しなくてはなりません。
MDGsが採択された2000年は、貧困、飢餓、HIV/AIDS、南北問題、債務危機、紛争、衛生、水問題、非識字、教育の質と男女格差などが問題や課題でした。
しかし、SDGsが採択された2015年では、貧富格差、気候変動、自然災害、肥満、生物多様性喪失、エネルギー問題、ガバナンス、高齢化などの問題や課題に直面しています。
このように、今日の社会状況はMDGsの採択時と大きく異なることを認識する必要があります。

カテゴリーに関係なく投稿日時順です

↑ページのTOPへ

株式会社本物研究所

株式会社本物研究所

:東京オフィス
〒108-0014
東京都港区芝4-5-10
ユニゾ芝四丁目ビル8F

(代表)
TEL : 03-3457-1271
FAX : 03-3457-1272

:本社
〒413-0034
静岡県熱海市西山町19-6