本物研だより

佐野浩一の夢つづり

佐野浩一の夢つづり20200831

朝散歩が効果的である科学的な理由は3つあります。(1)セロトニンの活性化=「朝日を浴びる」「リズム運動」「咀嚼」によって活性化します。覚醒、気分、意欲と関連した脳内物質で、セロトニンが低下するとうつ的になります。清々しい気分となり、意欲がアップし、集中力が高まります。(2)体内時計のリセット=太陽の光(2500ルクス以上)を5分浴びるのが効果的です。だからこそ、朝に外に出ることがいいのです。(3)ビタミンD生成=ビタミンDは、カルシウムの吸収を助け、骨を丈夫にしてくれます。朝散歩は必ず、起きて1時間以内に行ってください。朝散歩の後には朝食を食べましょう。朝食を食べることで、さらに「脳の体内時計」と「体の体内時計」のズレが補正されます。

カテゴリーに関係なく投稿日時順です

↑ページのTOPへ

株式会社本物研究所

株式会社本物研究所

:東京オフィス
〒108-0014
東京都港区芝4-5-10
ユニゾ芝四丁目ビル8F

(代表)
TEL : 03-3457-1271
FAX : 03-3457-1272

:本社
〒413-0034
静岡県熱海市西山町19-6