本物研だより

佐野浩一の夢つづり

佐野浩一の夢つづり20190506

卵は1日当たりの消費量が半個増えるごとに、心血管系疾患のリスクは1.1%上昇、早死にリスクは1.9%上昇するとしています。この結果は、過去の研究と矛盾する部分もあります。その理由として、過去の研究では、卵の消費と他の不健康な行動(運動不足や喫煙、不健康な食生活など)との関係を考慮していなかった可能性が考えられます。加えて、コレステロールの多い食品は一般的に、飽和脂肪や動物性たんぱく質も多く含まれます。「心臓にいい食生活に対し、卵の消費やコレステロール摂取が及ぼす悪影響を考えると、コレステロールの多い食品の摂取を制限することの重要性を見過ごすことはできない」ということです。

カテゴリーに関係なく投稿日時順です

↑ページのTOPへ

株式会社本物研究所

株式会社本物研究所

:東京オフィス
〒108-0014
東京都港区芝4-5-10
ユニゾ芝四丁目ビル8F

(代表)
TEL : 03-3457-1271
FAX : 03-3457-1272

:本社
〒413-0034
静岡県熱海市西山町19-6