本物研だより

佐野浩一の夢つづり

新着一覧

佐野浩一の夢つづり20200921

yumetuzuri-150x150

新型コロナウイルスの感染拡大に伴うコンサートの自粛を受けて、オンライン上でのコンサートや公演映像は無料配信や無料公開の流れが広がってきています。天才ピアニストの反田恭平さんはクラシック業界でいち早く「有料」での配信コンサートを選択し、その道を拓きました。だれも

続きを読む

佐野浩一の夢つづり20200914

yumetuzuri-150x150

テレワーク導入にあたり、各企業は、「どのようにして管理するか」「どのようにしてサボらせないか」に力点を置き、徹底した管理システムを構築したところも少なくありません。本物研究所グループでは、「3分割出勤&在宅体制」をとっていますが、「業務開始メール」「zoom朝

続きを読む

佐野浩一の夢つづり20200907

yumetuzuri-150x150

舩井幸雄は、かつて「人財の5条件」として、①長所伸展、②プラス発想、③勇気、④至誠・慈愛、⑤自由の5つをあげられ、とくに、吉田松陰先生が開いた「松下村塾」について、よく研究していました。実際に、舩井幸雄記念館には、松下村塾跡地にて、松蔭像と映っている写真があり

続きを読む

佐野浩一の夢つづり20200831

yumetuzuri-150x150

朝散歩が効果的である科学的な理由は3つあります。(1)セロトニンの活性化=「朝日を浴びる」「リズム運動」「咀嚼」によって活性化します。覚醒、気分、意欲と関連した脳内物質で、セロトニンが低下するとうつ的になります。清々しい気分となり、意欲がアップし、集中力が高ま

続きを読む

佐野浩一の夢つづり20200824

yumetuzuri-150x150

道徳なき資本の暴走が生んだ金融危機を経て、企業の社会的責任やSDGsが声高に唱えられる現代。渋沢先生の言葉は当時と変わらない現実味を持って、現代の私たちの心を捉えます。社会が、そして個人が豊かになるために、どのように働き、生きていけばよいのか。これから歩んでい

続きを読む

佐野浩一の夢つづり20200817

yumetuzuri-150x150

渋沢栄一先生は再三にわたり道徳の必要性を強調していますが、人が自分の利益を求めること自体を否定しているわけではないし、道徳のみでは人は豊かになれないとも述べています。自己の利益を完全に度外視し、社会の利益のみを追求することは「現実に立脚しない道徳」なのであり、

続きを読む

佐野浩一の夢つづり20200810

yumetuzuri-150x150

万人の万人に対する闘争という様相を呈する社会が長続きしないことは火を見るよりも明らかです。そこに歯止めをかけ、真に豊かな発展を実現するためにこそ「論語」は必要だと渋沢先生は言います。そもそも人が富を築いたとして、それが自分1人のものと思うのは甚だしい間違いだと

続きを読む

佐野浩一の夢つづり20200803

yumetuzuri-150x150

渋沢栄一先生は、「経済は重要だが、ただ己の利益を追求することのみを目的にしてはならず、そこには道徳的観点が必要だ」と、「論語と算盤」において強く主張されています。そして、「道徳と経済は決して相容れない存在ではない」ということを説き、両者を一致させることの必要性

続きを読む

佐野浩一の夢つづり20200727

yumetuzuri-150x150

「成長思考」とは、ストレスが多いときでも、「人間には成長する能力が備わっている」と思えることです。ここで強調したいのは、「つらい経験から得られるものがある」といっても、それは強いストレス体験そのものから来るわけではないということです。逆境による苦しみを、意義の

続きを読む

佐野浩一の夢つづり20200720

yumetuzuri-150x150

オキシトシンの分泌は、社会的なつながりを求める気持ちや大切なものを守りたいという気持ちを高め、そのための勇気をもたらしてくれます。そのためこうした反応は、「思いやり・絆反応」と呼ばれているのです。また、ある研究によると、ストレス度指数の高い国ほど繁栄度も高い、

続きを読む

2 / 4712345...102030...最後 »
  • 特集
  • お知らせ

↑ページのTOPへ

株式会社本物研究所

株式会社本物研究所

:東京オフィス
〒108-0014
東京都港区芝4-5-10
ユニゾ芝四丁目ビル8F

(代表)
TEL : 03-3457-1271
FAX : 03-3457-1272

:本社
〒413-0034
静岡県熱海市西山町19-6