本物研だより

佐野浩一の夢つづり

佐野浩一の夢つづり20220627

「何となく不調」な状態こそ、東洋医学の見地からすると、疲れをとるチャンスなんだそうです。「病気になってから対処する」西洋医学に対し、東洋医学は、「病気になる前に対処する」のです。疲れが積み重なっていくほどに体を動かすのが困難になるのは、新陳代謝が下がることが原因です。つまり、エネルギーの伝達や血液やリンパ液の流れが悪くなり、不要物が体から排泄されにくくなっている状態です。東洋医学ではこのように疲れが溜まるイメージを「流れが滞る」という言葉で表現します。

カテゴリーに関係なく投稿日時順です

↑ページのTOPへ

株式会社本物研究所

株式会社本物研究所

:東京オフィス
〒108-0014
東京都港区芝4-5-10-8F

(代表)
TEL : 03-3457-1271
FAX : 03-3457-1272

:本社
〒413-0034
静岡県熱海市西山町19-6