本物研だより

佐野浩一の夢つづり

2012.01.23

相田みつをさんが創られた詩の一片から。「本の字 本心 本気 本音 本腰 本物 本の字のつくものはいい」 本という字が使われているこれらの言葉は、いずれも本質を突いた人の姿勢を表現したものと言えそうです。「本」という表現自体が、「本質の」とか「もともとの」という意味を示す接頭辞的な役割を果たしているわけで、ある意味あたりまえとも言えます。でも、このあたりまえこそが、これからの時代、とくに大事ですね。そういえば、「元気」の「元」とも意味が似ています。あたりまえに帰ってみよう…。

カテゴリーに関係なく投稿日時順です

↑ページのTOPへ

株式会社本物研究所

株式会社本物研究所

:東京オフィス
〒108-0014
東京都港区芝4-5-10-8F

(代表)
TEL : 03-3457-1271
FAX : 03-3457-1272

:本社
〒413-0034
静岡県熱海市西山町19-6