本物研だより

佐野浩一の夢つづり

佐野浩一の夢つづり20150525

長所を伸ばすのは当然だけれど、短所については、こちらの関わり方を変えることで、抑えられたり、見えなくしたりできるようです。短所には、「改善要素」と「阻害要素」があり、前者はこちらの関わり方を変えることでカバーできるというわけです。時間にルーズな人と付き合うには、たとえばこちらが直前にリマインドメールを送るだけで、改善要素としてカバーできます。相手を変えようとするより、まずこちらの対応を変えることで、長所的なものを膨らますことができるということなんです。相手より、自分・・・ですね。

カテゴリーに関係なく投稿日時順です

↑ページのTOPへ

株式会社本物研究所

株式会社本物研究所

:東京オフィス
〒108-0014
東京都港区芝4-5-10-8F

(代表)
TEL : 03-3457-1271
FAX : 03-3457-1272

:本社
〒413-0034
静岡県熱海市西山町19-6