本物研だより

特集

第1回 商品への想い~カリカセラピ編~

 

カリカセラピPS-501

商品への想いを、「カリカセラピPS-501」の商品開発メーカー 株式会社済度・専務取締役の花山浩司様に伺いました。

1. どのような想いから、「カリカセラピ」は誕生しましたか?

“病気は治されるものではなく、自分自身で治すことができるもの。”

このことに気づいてほしい。という想いから、「カリカセラピ」は誕生しました。

「カリカセラピ」は病気には効きません。
ただ、本来もっている自身の力を元に戻すサポートをするだけの食べ物です。

病気になるのは、自分自身のストレスが原因になることがほとんどだと考えられています。病気はシグナルであって、原因は別のところにあります。

原因に気づき、生活習慣を変えることで自分自身の本来の力を取り戻してほしい。ただ、そのことに気づく人はなかなかいない……。そのきっかけに「カリカセラピ」がなれれば良い…。そのような想いで、いつも「カリカセラピ」を広めています。

 

2. 製造過程で心がけていることは何ですか?

“自然に逆らわない。”ということです。

「カリカセラピ」は、フィリピン原生林にある野生のパパイアを原料としています。

過酷な環境の中で生き残ったパパイアはとてもエネルギーが強く、バランスがとれています。そのパパイアの中から特にエネルギーの高い未熟果を厳選し、皮・種・果肉をまるごとつかって、発酵させたのが「カリカセラピ」です。大自然のパワーがそのままギュッと詰まっているような、自然に逆らわないものを製造するように心がけています。

 

3.お客様からの声で、一番感動したのはどのような内容でしたか?

毎日が感動です!

毎日、お客様から多くの感動の声をいただきます。

愛用していただいているお客様も、カリカを飲んだ日はぐっすりと眠れたり、目覚めが良かったり、カラダが軽くなったりした・・・などといった感想や、大切な時にこそプレゼントする商品が「カリカセラピ」だといったことも多くあり、いつも私たちが気付かないような嬉しい感想をいただきます。

その中で印象に残っているのは、「カリカセラピ」を販売してくださるお客様からおっしゃっていただいた言葉で、「お客様に『ありがとう。』と初めて言われました!ありがとうございます!」という言葉です。それまで、その方は商品販売を30年間されていて、お客様に対して「ありがとうございます。」と言い続けられていたそうです。しかし、「カリカセラピ」を販売したら、反対にお客様から「ありがとう。」と言われた。それが嬉しくて仕方がないと、伝えに来てくださいました。

皆様の喜びや感動の一部に関わっている。これほど嬉しいことはありません。

お客様に支えられていることを日々実感しながら、「カリカセラピ」は成長しています。

 

「カリカセラピ」って何?

 

■□プロフィール□■

株式会社済度専務取締役
花山浩司
1961年大阪府生まれ
生まれつきアレルギー体質で、鼻炎、皮膚炎、粘膜炎、気管支炎などを発症。さまざまな薬物療法をするが全く効果がなく、26歳の時、突然白血球が5分の1に減少し倒れる。その後、免疫力がないため盲腸炎になり手術。しかし、縫合箇所から感染症をおこし、数年間に15回の手術を繰り返す。なかなか回復の見込みが絶たず、精神的にも肉体的にも限界の時、パパイア発酵食品を勧められ、食べた翌日からはっきりと改善を感じ、その後数ヶ月で回復する。その経験から本当の健康のことを考えるようになり、それから17年、パパイア発酵食品である「カリカセラピ」を多くの方々に知っていただくことで、その方が本来持っている自分の力を知ってほしいと東奔西走の日々を送っている。

カテゴリーに関係なく投稿日時順です

↑ページのTOPへ

株式会社本物研究所

株式会社本物研究所

:東京オフィス
〒108-0014
東京都港区芝4-5-10
ユニゾ芝四丁目ビル8F

(代表)
TEL : 03-3457-1271
FAX : 03-3457-1272

:本社
〒413-0034
静岡県熱海市西山町19-6