本物研だより

特集

第4回 3日断食を楽しくラクに行う秘訣

残暑お見舞い申し上げます。
今年の夏は節電について、すでに色々と工夫されていらっしゃるかと思いますが、
酵素断食は1日1食を置き換える半日断食で30%の摂取カロリーを減らすことができ
1日断食や3日断食時は、70%も摂取カロリーを減らすことができるのです。
ですから、猛暑といわれる今の時期でも比較的暑さに耐えることができるのです。
昼間は、さすがにお客さまがご来店くださるサロンですので、室温が28度になるようにエアコンを設定し、扇風機を回していますが、夜は極力エアコンを使わず扇風機で、暑さを凌いでいます。
私自身あまり辛さを感じずに元気でいられるのは、酵素断食を行っているおかげだと思いますし、断食は究極のエコではないかと思っています。
今回は、3日断食を楽しくラクに行う秘訣をお伝えしたいと思います。

3日断食を定期的に行うようになったきっかけ

私は3日断食を、年に3~4回行ってきて、3日断食の威力を感じていましたので、効果を落とさずに、もっと楽しく3日断食を行なう方法がないものか模索してきました。
3日断食は、メンタルな側面においても良い影響があることを体験していましたので、心身共にクリアーになりたい時、リセットしたい時に、ベストな方法だと思っています。
実は、今年の2月から酵素ダイエットの2冊目の本の執筆に取り組み始めていたのですが、今回の震災でストップしてしまったのです。
東日本大震災直後は、あまりの被害の大きさにショック状態になり、災害状況をTVの画像を通して観る度に、深い悲しみと絶望感、無力感に襲われ、頭の中が空白状態になって、前向きに考える思考が停止してしまいました。
今回の震災は人事ではないと思いましたし、大きな意識変革が必要だと感じていましたが、それを大きくサポートしてくれたのが3日断食でした。
3日断食を行っていくうちに、混沌とした意識がだんだんとクリアーになり、前向きなエネルギーが戻ってきました。

 そして、再び、5月末から執筆活動を再開することになり、その後2ヶ月間はセラピーや日常業務をこなしながら執筆に集中し、時間が許す限り画面にむかって文章を書いていました。
つい夢中になり、気がつくと明け方になっていた日も度々ありましたが、不思議なことに肩も凝らず、目も疲れないので、これは、3日断食の恩恵だと感じていました。
今まではコラムなど原稿を書いた後は、マッサージが恋しくなることがしばしばありましたが、3日断食を行うようになってからは、どこにも滞りがなくなってしまい、お風呂に入るだけで十分リラックスができて、1日の疲れが癒されるようになりました。
出張先でも以前はマッサージを受けるのが楽しみでしたが、最近では、マッサージよりも温泉やサウナがあれば十分といった感じで、以前に比べ疲れ方が明らかに違うのです。

ゆるゆる3日断食でエネルギーアップ!

私は、3日断食の際に、実験的に酵素飲料に加えて野菜ジュース、そしてフルーツを摂り入れたゆるいプチ断食にしてみたのです。
一般的なセオリーとして断食中は、胃腸を休めるために固形物は避けたほうが
良いのですが、フルーツ類は消化酵素を多く含むため、消化する際にお腹に負担がかかりづらい食品なのです。

(フルーツは二人分)

そんなわけで、ゆるゆるの3日断食を行ってみたのですが、心身ともにエネルギーがアップすることを再度発見し、あらためてゆるくても3日断食を行うことの素晴らしさを感じたのです。フルーツを入れることで3日断食のイメージが一変し、楽しいダイエットになりました。

また、3日間も断食をしますと、復食以降のお食事が格別においしく感じることができるのです。食べることの喜びが増幅して、食事の度にハッピーな気持ちになれるのがとてもうれしいです。
私は、心と身体が喜ぶ感覚を多くの方に伝え、感じていただきたいと思っています。
3日断食は、私が知っている健康法の中では、最も素早く疲労を回復してくれるベストな健康だと感じています。
気持ちをリセットしたい時、食べ過ぎてお腹がもれた時、仕事や人間関係ストレスで神経が疲れた時、短期間で美肌を得たい時、若返りを加速したい時など、様々な目的におススメです。
お腹に負担をかけずに、栄養の質を落とさずに断食を行う事ができれば、大きなメリットを受け取ることができることを実感しています。
但し、フルーツ類は身体を冷やす性質があるので夏場にふさわしく、冬場は、野菜を煮潰したスープや温かいショウガティーなどに置き換えると良いと思います。

コラムをお読みいただいている方の中には、すでに3日断食を行っていらっしゃる方も多いかと思いますが、フルーツを活用することで今までよりも楽しくて、しかも3日断食による恩恵も受け取ることができますので、一度、ぜひ体験していただきたいと思っています。

小腹が空いた時、おやつにナッツ類を摂る習慣を

また、復食時や普段から摂り入れたほうが良いのはナッツ類です。ナッツはたんぱく質、ミネラル、脂肪、ビタミンEなど完全食品ともいわれるほど栄養の凝縮した食品です。
私は、普段から小腹が空いたときに、おやつとしてナッツを数個ずつ食べるようにしています。そうすることで、お肌も潤い、元気が出ていい感じになるのです。(アーモンドやくるみなどのナッツ類)
おやつを食べる習慣がある方は、栄養がしっかり摂れて充実感を感じることができますから、お菓子の代わりに摂るようにしてみてください。

 

また、平素から生コラーゲンが入ったラ コラーゲン ヌーボーやマルチビタミン・ミネラル・アミノ酸の配合された健康食品など、質の良い健康食品&飲料を摂って栄養の不足を補う工夫をしています。 バラの香りがするラ コラーゲン ヌーボーは、ビューティーヘルスエンザイムに加えてお飲みいただくと、リッチな美容飲料になり、お肌のはりと弾力を高めてくれます。

断食中も栄養の質を落とさないために健康食品や飲料を摂るようにしています。
栄養の質とバランスがとても重要ですから、十分な栄養をキープしてキラキラと輝いていただきたいと思います。

 

 

このコラムをお読みいただき、この方法ならできる!と思っていただけたら何よりです。構えないでさりげなく、「今、3日断食しているのよ♪」とライトな感覚で楽しんで行なっていただくことができたらうれしく思います。
楽しんで行っていただくことで、予想を超えた変化が起こり始めるかも知れませんが、その変化をどうぞお楽しみください。

追伸:2冊目の書籍の表紙のデザインが決定しました。この秋に出版が予定されています。 2冊目は、ダイエットはさることながら若返りの神秘を解き明かす内容となっています。
TOMIKO体験をベースになぜ健康的に若返ることができたのかを食事のレシピなどを入れて、わかり易くご紹介しています。お楽しみに♪

私は、ヒーリングを得意とするセラピストですから、実際にお話をしている時に、皆さんがもっているネガな意識をポジに切り替えてしまう得意技があるのです。直接、お会いすることでキラキラ波動を受け取っていただき、より美しくきれいに輝いていただければ何よりもうれしく思います。

TOMIKOより愛と感謝を込めて・・・

カテゴリーに関係なく投稿日時順です

↑ページのTOPへ

株式会社本物研究所

株式会社本物研究所

:東京オフィス
〒108-0014
東京都港区芝4-5-10-8F

(代表)
TEL : 03-3457-1271
FAX : 03-3457-1272

:本社
〒413-0034
静岡県熱海市西山町19-6