本物研だより

佐野浩一の夢つづり

新着一覧

佐野浩一の夢つづり20150601

yumetuzuri

最近つくづく思うのは、笑顔と笑いの必要性です。ある報告によると、人が笑っている音声を録音したものを聴いているうちに、病気が治ってしまったとか……。一方、右脳教育の大家であった故・七田眞先生によると、口角を上げてつくり笑顔をするだけで、脳は「笑っている」と知覚し

続きを読む

佐野浩一の夢つづり20150525

yumetuzuri

長所を伸ばすのは当然だけれど、短所については、こちらの関わり方を変えることで、抑えられたり、見えなくしたりできるようです。短所には、「改善要素」と「阻害要素」があり、前者はこちらの関わり方を変えることでカバーできるというわけです。時間にルーズな人と付き合うには

続きを読む

佐野浩一の夢つづり20150518

yumetuzuri

長所も短所も、禅的観点から見ると、どちらも「独りよがり」の判断なのだそうです。要するに、自分の勝手な都合が働いていると……。たとえば、ある人を「優柔不断ではっきりしないヤツ」と自分は決めつけていても、他の人は「すごく慎重で信頼できる人」と受け止めていることだっ

続きを読む

佐野浩一の夢つづり20150511

yumetuzuri

まず相手の利を考える。一歩も、五歩も譲って、まず相手の利になることを提案し、その流れのなかで双方に利がある方向を目指す。これは、普段のコミュニケーションや議論でも同じですが、「自分はこうだ」「自分はこうしたい」と一点張りでは、何も話が進みません。相手はどう考え

続きを読む

佐野浩一の夢つづり20150504

yumetuzuri

先入観からスタートすると、間違いなく思考の範囲は狭まるものです。「〜はこうだから」「〜はむずかしいから」「〜は苦手だから」「〜はできないから」「〜はこうに決まってるから」これは、人に対しても、事象に対しても、仕事に対しても、まったく同じだと思います。基本的に、

続きを読む

佐野浩一の夢つづり20150427

yumetuzuri

ストレスは、ある意味「ため込む」から起きると言われています。相手を傷つけることはよくありませんが、事分けて、丁寧に主張して、「ガス抜き」を行うことも大事なようです。一方、ため込んだ様々な人間関係もうまく「整理」できるといいですね。案外、携帯やスマホのアドレス帳

続きを読む

佐野浩一の夢つづり20150420

yumetuzuri

チャレンジすることを恐れるべからず…。横山信治さんの「戦わない生き方」(日本文芸社刊)は、変化を求め、チャレンジする私たちに、そっと背中を押してくれる素敵な本です。チャレンジとは変化を求めること。そうでないと、成長も飛躍もない…。たしかにそうです。しかし、チャ

続きを読む

佐野浩一の夢つづり20150413

yumetuzuri

自身を磨くために、学んだり、振り返ったり、復習したり、練習したり、思索を深めたり…。大事なことですね。毎週一回ですが、合気道を学んでいます。しかし、先日の稽古は非常にフラストレーションがたまるものとなりました。自身のできなさ、不甲斐なさと対峙することとなったの

続きを読む

佐野浩一の夢つづり20150406

yumetuzuri

友人である白鳥哲監督が、四年の歳月を費やし完成にこぎつけた、映画「蘇生」。いよいよ公開です。「蘇生」に登場される琉球大学名誉教授比嘉照夫農学博士は、長年、乳酸菌、酵母菌、光合成細菌を中心とした有用微生物群の研究、実践を続けてこられました。そして、日本はもちろん

続きを読む

佐野浩一の夢つづり20150330

yumetuzuri

言葉にして伝えられていることなんて、思いや考えのごく一部なんだなって痛感します。 でも、どれだけ伝えても、そのすべてを伝えることはできないし、ましてや伝わったという結果を生み出すことは至難の技です。しかし、そこは日本人の持つ優秀な感性をもって、自ら推し量る、お

続きを読む

10 / 28« 先頭...89101112...20...最後 »
  • 特集
  • お知らせ

↑ページのTOPへ

株式会社本物研究所

株式会社本物研究所

:東京オフィス
〒102-0083
東京都千代田区麹町6-2-1
麹町サイトビル 5F

(代表)
TEL : 03-3262-1271
FAX : 03-3262-0051

:本社
〒413-0034
静岡県熱海市西山町19-6