本物研だより

佐野浩一の夢つづり

新着一覧

20121112

生命には重さがあることを発見された川田薫先生。実は、時計などの機械製品も、分解した部品の総重量と、もう一度組み立てた重さとでは、後者がかすかに重いことを発見されました。これぞ思いの重さだと先生は定義されています。その川田先生は、鉱物から採取したミネラルをブレン

続きを読む

20121105

船井幸雄ともう20年近く親交のある川田薫先生と、先頃お会いしてきました。穏やかで、親しみ深いお人柄ですが、いざ研究のお話になると、ニコニコされながらも、厳しく、強く信念を貫いてこられたご姿勢をかいま見ることができました。当時、生命体は生体に生命が吹き込まれたも

続きを読む

20121029

成功を手にしたり、夢を実現したりするには、多くの方が語るように、「マジメに努力すること」がとても大事であるようです。しかし、行動と結果がダイレクトにつなげればありがたいのですが、なかなかそんなふうにはいきません。案外論じられていないのは、「偶然」について。行動

続きを読む

20121022

一流とそうでないモノやコトの違いは何か?私は、細部にまで、志、心、思い、気持ち、感性が行き届き、一貫しているかどうかの違いだと考えています。もっともよく体験できるところは、美術館や展覧会でしょうか。一流の作品を展示するために、そこには、渾身の仕事の「跡」が随所

続きを読む

20121015

私たちは、「本物」とよいお付き合いをしていただくために、まず「受け入れていただく」必要があると考えています。新しいもの、従来品と形が異なるもの、普段から目に触れにくいものなどは、なかなか受け入れづらいわけです。しかし、いまでこそスタンダードとなっているものはす

続きを読む

20121008

「はい!」は自らのチャレンジをスタートさせるスイッチだと前回お伝えしました。「はい!」のもう一つの意味合いは、他者からの信頼を高めるスイッチだと考えています。ですから、一度「はい!」のスイッチを入れて実際にやってみたら、たとえとてもたいへんだったとしても、嫌な

続きを読む

20121001

「はい!」という返事は本当に大事だなと思います。僕の感覚は、船井幸雄が「躾の三条件の一つとして伝える「ようそろの精神」(上司から言われたら、まず「はい」と言って従うこと)のような軍隊式のものとは少し違います。もう少し、やわらかい感覚です。いつでもどこでも、気持

続きを読む

20120924

「適切」にやるのはよいが、「適当」にやるのはよくないと考えます。ここで言う「適当」の意味は、行き当たりばったりということです。器用な人っているものです。ただし、同じ器用な人でも、そこに周到な準備があったり、知恵や修練の積み上げがあるかどうかは、一目瞭然なのです

続きを読む

20120917

孫正義さんは、マネージャクラスの数値管理などには徹底的に厳しいそうですが、社員に対してはとても寛大だと聞いたことがあります。それは、その人に対してはじめからどうこうと決めつけるのではなく、ポテンシャルに賭けるのです。まずは、「やらせてみる」というスタンスです。

続きを読む

20120910

孫正義さんのマネジメントでもっとも興味深いのは、「土俵を小さくする」という考え方です。自分の土俵をうまく切り出して、そこで日本一になればいいということです。たとえば、あるライフスタイリストのお話。実績もありません。そこで、カルチャースクールのパンフレットをいく

続きを読む

  • 特集
  • お知らせ

↑ページのTOPへ

株式会社本物研究所

株式会社本物研究所

:東京オフィス
〒102-0083
東京都千代田区麹町6-2-1
麹町サイトビル 5F

(代表)
TEL : 03-3262-1271
FAX : 03-3262-0051

:本社
〒413-0034
静岡県熱海市西山町19-6