本物研だより

佐野浩一の夢つづり

新着一覧

佐野浩一の夢つづり20200608

yumetuzuri-150x150

「きみがおうちにいてくれたから。ちゃんと手を洗ってくれたから。家族を想ってくれたから。ともだちと支え合ってくれたから。やさしい気持ちでいてくれたから。病気の人を助けてくれたから。みんなのために働いてくれたから。未来をあきらめないでいてくれたから。だいじょうぶ。

続きを読む

佐野浩一の夢つづり20200601

yumetuzuri-150x150

「人生、沈んだら浮かぶんだ」という竹田和平先生のご著書があります。その中に【違った角度から見る】という内容があります。引用してみます。「長い人生にはさまざまな出来事があります。何をやっても調子がいいときもあれば、何をやってもうまくいかないこともあります。それは

続きを読む

佐野浩一の夢つづり20200525

yumetuzuri-150x150

「いつも微笑みかけている」「(ちょっとしたことでも)ありがとうと感謝する」「話を聞くのが上手」「挨拶がさわやか」「言葉に愛がある」そして、「ほめるのが上手」。それらが自然にできる人を、「自律した大人」と、脳科学者の間では呼んでいるようです。その反対に、否定的な

続きを読む

佐野浩一の夢つづり20200518

yumetuzuri-150x150

人は自分を深く理解してくれる人に感謝の気持ちをいだき、その感謝の心を示したいと思うもの…。科学的に言うと、「あの人はすごい!」と誰かに認められるような「社会的報酬」を求める生き物です。大きな快感を覚える脳の報酬系は男性のほうが女性より活発な活動をしています。つ

続きを読む

佐野浩一の夢つづり20200511

yumetuzuri-150x150

近年、脳科学の分野が急激に進化してきているように感じます。そもそもは、心理学の領域であったことが、脳科学の研究から解明されて、具体的な心のアプローチとして示されていることを、メチャクチャ興味深く学ばせてもらっています。人間の脳が快感を覚えるのは、報酬系の回路が

続きを読む

佐野浩一の夢つづり20200504

yumetuzuri-150x150

SDGsの17の目標と169のターゲットは、あまりにもグローバルだった世界の社会課題解決を、個人レベルの行動にまで落とし込むきっかけを私たちに与えてくれました。ですが、SDGsの番号を掲げることに悩むよりも、臆することなく行動を起こし続け、取り組みを社会に発信

続きを読む

佐野浩一の夢つづり20200427

yumetuzuri-150x150

「SDGs」というと、なにか肩ひじ張って取り組まないといけないもの、特別なことをやらなければならないもの…のように認識されがちです。だから、なかなか具体的なアクションに進んでいかない現実があります。そんななか、強く背中を押してもらえるメッセージに出会いました!

続きを読む

佐野浩一の夢つづり20200420

yumetuzuri-150x150

繊細さんが自身の本音を知る方法として、何も気にせず自由に生きていた2歳くらいの自分を思い浮かべて、その子が「やりたい」と思うかどうかをYES・NOで質問するのも効果的です。つまり、インナーチャイルドの声に耳を傾けるということです。ライフカラーカウンセラーの立場

続きを読む

佐野浩一の夢つづり20200413

yumetuzuri-150x150

人一倍、繊細な人(繊細さんと呼びます)って必ず周りにいます。繊細さんは自分の本音を閉じ込めがちなので、その本音を知ることが、相互理解の上でとても大切です。そして、その前に、自身の本音を引き出すことがさらに大切だと思います。リラックスした状態で次のようなことを考

続きを読む

佐野浩一の夢つづり20200406

yumetuzuri-150x150

人間関係において、お金や時間を「浪費している」と考えられるのが、「いつも同じようなメンバーでの集まりや飲み会」。年をとっても考え方が柔軟で、いつまでも若々しいなと感じる人は、きっと付き合っている人が違うんです。彼らは、自分よりも遥かに若い人や年配の人とも交流を

続きを読む

3 / 4712345...102030...最後 »
  • 特集
  • お知らせ

↑ページのTOPへ

株式会社本物研究所

株式会社本物研究所

:東京オフィス
〒108-0014
東京都港区芝4-5-10
ユニゾ芝四丁目ビル8F

(代表)
TEL : 03-3457-1271
FAX : 03-3457-1272

:本社
〒413-0034
静岡県熱海市西山町19-6