本物研だより

佐野浩一の夢つづり

新着一覧

佐野浩一の夢つづり20180604

yumetuzuri-150x150

鬼丸昌也さんの新著「平和をつくるを仕事にする」。もう読まれましたか?これ、素晴らしいご本です。ぜひ、お読みいただけたらと思います。冒頭に、彼が常に自身に問いただして、向き合っているテーマが伝えられています。これは、私たちの日々の仕事や日常生活においても、ぜひ大

続きを読む

佐野浩一の夢つづり20180528

yumetuzuri-150x150

カウンセリング的視点に立ったとき、その人その人が、とことん誠実さを尽くしていると思うならば、相手がどう受け取ろうと関係ない…とする見方もあります。これは、あくまで、人間関係に悩むクライアントの心をケアするための視点であり、少なくとも他者との関係性で成り立つ概念

続きを読む

佐野浩一の夢つづり20180521

yumetuzuri-150x150

誠実とは?私利私欲をまじえず、真心をもって人や物事に対すること。また、そのさま。国語辞典にはこのようにあります。自分は誠実であるか?この自問自答は、少なくとも社会人であるからには、日々、そのとき、その瞬間に繰り返しなされるものであるべきです。「自分はいつも誠実

続きを読む

佐野浩一の夢つづり20180514

yumetuzuri-150x150

「その先に笑顔があるか?」と語るナファ生活研究所の相田社長の目は、決して優しいものではありませんでした。むしろ未来を見据えた強く、厳しい目をされていました。ものづくり人として、経営者として、覚悟を決めた人間として、大きな挑戦をいよいよ始める、試合前のボクサーの

続きを読む

佐野浩一の夢つづり20180507

yumetuzuri-150x150

過日、竹布のお話会で、ナファ生活研究所の相田社長にお話を伺いました。覚悟を決めている人の話は深いし、潔いし、美しくもある…。いつものように、いつもの相田社長のペースで、いつも変わらないご様子。でも、竹布のガーゼをつくり、傷を負った人に寄り添いたいとの想いでこぎ

続きを読む

佐野浩一の夢つづり20180430

yumetuzuri-150x150

やる気のお話の続きです。さて、目玉焼きってどうやって作りますか?目玉焼きは、作り方を知れば、たいていの方ができますよね。知れば、作り方の説明だってできます。結論を言うと、やる気とは、「大きな目標を持ち、そのプロセスにある小さな目標を持ち、その小さな目標を達成し

続きを読む

佐野浩一の夢つづり20180423

yumetuzuri-150x150

そもそも、根性とはなにか?根性の中身とは、近年のスポーツ心理学で解明されたのは、強いやる気…なんだそうです。最近では、グリットに関する研究も進んでいます。グリットとは、「情熱と粘り強さ」のことです。やる気とは2種類に分類されます。「やらされるやる気」と「自ら進

続きを読む

佐野浩一の夢つづり20180416

yumetuzuri-150x150

マイナス思考が強いと感じる場合は、逆にポジティブな思考が足りなかった…と考えるといいようです。つまり、これこそがマイナス思考を拭うコツであり、逆を言うと、そもそもマイナス思考という概念は必要ないということなんです。自分で決めつけなくていいということです。どうす

続きを読む

佐野浩一の夢つづり20180409

yumetuzuri-150x150

時折、「プラス発想しましょう」と言われることがありますよね。でも、そうは言われても、なかなかできないな…と感じた経験、おありだと思います。実は、プラスに考えるためには、「目標」が必要です。目標がないと、その場しのぎ、無責任、都合のいい解釈、いい加減…になってし

続きを読む

佐野浩一の夢つづり20180402

yumetuzuri-150x150

スポーツに勤しまれたことのある方は、コーチや監督、あるいは先輩、チームメイトから「もっと集中しろ!」と言われた経験、結構あるんじゃないかと思います。一般的に、集中と緊張が同じような感覚だと誤解されています。実は、人は集中がわかっていないのです。でも、人は好きな

続きを読む

3 / 3612345...102030...最後 »
  • 特集
  • お知らせ

↑ページのTOPへ

株式会社本物研究所

株式会社本物研究所

:東京オフィス
〒102-0083
東京都千代田区麹町6-2-1
麹町サイトビル 5F

(代表)
TEL : 03-3262-1271
FAX : 03-3262-0051

:本社
〒413-0034
静岡県熱海市西山町19-6