本物研だより

佐野浩一の夢つづり

新着一覧

佐野浩一の夢つづり20160815

yumetuzuri

同じものを見て、同じものを耳にして、同じものに触れて、同じものを体験しても、人によって感じ方が違いますよね。これって面白いなって思います。人は皆、知覚したものは、相手も同じだと思い込んでいます。だから、そこにコミュニケーションギャップが生まれる原因があります。

続きを読む

佐野浩一の夢つづり20160808

yumetuzuri

合気道の技で、相手の突きをスルリと交わす動きがあります。そのあとその突きの手を取って技をかけます。そのまま相手の突きを受けてしまうと、お互いに痛いわけです。だから、それを交わす…。そのあとの技も、相手の関節を外してしまうくらい本当は破壊力があるのですが、あえて

続きを読む

佐野浩一の夢つづり20160801

yumetuzuri

みなさん、こんにちは!熱海の旧舩井幸雄邸を、みなさんに興味深くご覧いただけるように改装し、「舩井幸雄記念館」として7月2日にオープンしました。毎週、通常、金曜日、土曜日、日曜日、月曜日の10~16時が開館日です。おかげさまで日本各地から多くのご来館をいただき、

続きを読む

佐野浩一の夢つづり20160725

yumetuzuri

「真実は怒りを呼ぶ。だから気をつけろよ!」って、経営者の大先輩から教わりました。確かにそのとおりなんだけど、痛いところをズバッと突かれたなあ…という経験、誰もが持っていると思います。そのとき、ふいにおそわれるのが「怒り」の感情。これは、どうやら人間の性(さが)

続きを読む

佐野浩一の夢つづり20160718

yumetuzuri

度量には、「狭量」と「広量」がある。度量の狭いのが、「狭量」。度量の広いのが、「広量」。度量の広さとは、「相手の長所と付き合うことだ」と、先輩から教わりました。同様に、「小人(しょうにん)」と「大人(たいじん)」の二つがあって、この方はお父様から「大人になれ」

続きを読む

佐野浩一の夢つづり20160711

yumetuzuri

「チーズはどこへ消えた?」あのとき読んだな…、読んだ気がする…。もう一度読まれてみるといいですよ! チーズは確かに見つかったけれど、いまは、そのチーズのしがみついている。そのチーズを大事にするあまり、そのチーズ自体が変化していることも、量が変化してきていること

続きを読む

佐野浩一の夢つづり20160704

yumetuzuri

変わるために必要なこと。1.まず、ぼくたちが、ワクワクして取り組めることを実行する。2.経験のないことに、勇気を出して取り組む。3.新しい出会いを求める。4.エネルギーをお客さまに向ける。5.時間をかける。6.効率化する。7.心身の健康レベルを高める。このよう

続きを読む

佐野浩一の夢つづり20160627

yumetuzuri

朝一番でやってみたい「習慣」があります。それは、自分自身の点検作業です。「①カラダの調子は10点満点中、何点ですか?②ココロの調子は10点満点中、何点ですか?」これでおしまいです。要するに、カラダとココロを分けて捉えるということです。人は感情に左右され、それが

続きを読む

佐野浩一の夢つづり20160620

yumetuzuri

「ものごとを『あるがまま』『そのまま』に受け止める。禅の根本的な考え方はそこにあります。それは同時にゆるすための前提でもあります。」「ものさしを一度外してみることです。すると、『人はそれぞれなのだから、このような人がいても不思議はない』と思えてきます。それが、

続きを読む

佐野浩一の夢つづり20160613

yumetuzuri

日々、人とのかかわりのなかで生きている私たちにとって、ときにそこに生じる衝突や誤解によって、辛くなることもあろうかと思います。そんなとき、「禅」の考え方、捉え方がとても参考になります。曹洞宗徳雄山建功寺住職、枡野俊明先生の著書「『ゆるす』という禅の生き方」に、

続きを読む

  • 特集
  • お知らせ

↑ページのTOPへ

株式会社本物研究所

株式会社本物研究所

:東京オフィス
〒102-0083
東京都千代田区麹町6-2-1
麹町サイトビル 5F

(代表)
TEL : 03-3262-1271
FAX : 03-3262-0051

:本社
〒413-0034
静岡県熱海市西山町19-6