本物研だより

佐野浩一の夢つづり

新着一覧

佐野浩一の夢つづり20210222

yumetuzuri-150x150

成功する人、伸びる人、儲かる人というのは、偶然上手く行ったことを、偶然で終わらせていません。これが偶然だと分かっているから、そのまま何もしなければ、次の成功は期待できないから、この偶然から何かをキャッチし、学ぼうとするわけです。その結果、法則に気付いたり、テク

続きを読む

佐野浩一の夢つづり20210215

yumetuzuri-150x150

運やツキを持続させることができる人って、そのたまたま上手く行ったことから、法則なり、テクニックなり、新たな潮流なりといった要素を見つけ出して、その次からは「狙って上手く行かせられる」ようにしています。そうすることで、上手く行かせられる確率、打率を高めるわけです

続きを読む

佐野浩一の夢つづり20210208

yumetuzuri-150x150

いま、自覚している以上に大きなストレスにもさらされているようです。人間の脳はストレスにさらされると、保守的な選択をする仕組みになっています。これは「創造性」を低下させる恐れがあり、何かを決める際も、「二者択一」的な考え方をしがちになると言われています。仕事にお

続きを読む

佐野浩一の夢つづり20210201

yumetuzuri-150x150

やっぱり当たり前を当たり前に大事にすることも必要だと、つくづく感じます。昨年末に、憧れの、講演家・中村文昭さんとお会いすることができました。中村さんのお話の中で、次のようなメッセージがありました。中村さんは、いくつか事業をされている1つに、クロフネカンパニーと

続きを読む

佐野浩一の夢つづり20210125

yumetuzuri-150x150

舩井幸雄は、本当にいろいろな教えをたくさん残してくれました。その中の一つに「原理原則に則る」という教えがあります。「原理」とは、もともとあった理(ことわり)で、昔から世の中にあったルールのようなものです。「原則」とは、さまざまな経済活動や社会の変化に伴い生まれ

続きを読む

佐野浩一の夢つづり20210118

yumetuzuri-150x150

現代人の眼は「マルチタスクに心を奪われてそもそも見ていない」「何かを探して/期待して見ている」「なんとなくぼーっと見ている」という3つのモードに支配されています。何の先入観も持たず、眼の前の事物・事象をありのままに理解する「観察」が入る余地がありません。そのた

続きを読む

佐野浩一の夢つづり20210111

yumetuzuri-150x150

ある研究によれば、2つ以上のことを遜色なく処理できる脳を持っているのは、残念ながらわずか2.5%の人でしかありません。「クルマを運転する」と「スマホを使う」といった単純な2つの行為を重ねるだけで、重大な事故につながる前方不注意が起こるのはそのためです。さらにテ

続きを読む

佐野浩一の夢つづり20210104

yumetuzuri-150x150

いま、人間の眼は知らず知らずのうちに見えにくくなっています。「見えにくくなっている」と言っても、視力が低下しているという話ではありません。見る方法に問題が生じているせいで、別の言い方をすると、「観察の力」が低下しているということです。しかもこれは、特定の集団だ

続きを読む

佐野浩一の夢つづり20201228

yumetuzuri-150x150

「仏さま、神さまを信じる」という言葉も、自分にとって都合のよい願いを託すときによく用いてはいますよね。私たちの「信じる」とは、どこまでも自己中心的なところから離れない行為であるとも言えます。信じるという一般の語は、思い込む、念じる、祈る、あるいは信念などの語と

続きを読む

佐野浩一の夢つづり20201221

yumetuzuri-150x150

「信じるとは、そのままを受けとめられる自分がいること」この言葉は、映画『星の子』の完成報告イベントの中で、「信じる」について質問されたときに、主演の芦田愛菜さんが語ったことがベースです。~「その人のことを信じようと思います」っていう言葉って結構使うと思うんです

続きを読む

  • 特集
  • お知らせ

↑ページのTOPへ

株式会社本物研究所

株式会社本物研究所

:東京オフィス
〒108-0014
東京都港区芝4-5-10-8F

(代表)
TEL : 03-3457-1271
FAX : 03-3457-1272

:本社
〒413-0034
静岡県熱海市西山町19-6